Home > RECアルミ鋳造-製品案内

RECアルミ鋳造-製品案内

rec5

REC製法の位置付

鍛造技術を利用してつくられる高強度な製品と、ダイキャスト技術が可能にする効率の良い低コスト製品とそれぞれの相反する製造特徴を木村の技術でドッキングに成功。

  • 自動車足廻り重要保安部品
  • 圧漏れでお困りの部品
  • 強度不足でお悩みの部品
  • 材料置換をお考えの部品
    (鉄系→非鉄系)

製法別コスト対品質の比較

RECの原理

RECアルミ鋳造法は鋳造プレスをたて型として、自然の流れに近い層流充填を確保し、型締後上方向からのメイン加圧と、下からの多段加圧を行うことにより、鋳巣のほとんどない高品質・高強度の鋳造品が得られます。
REC製法の原理

RECアルミ鋳造装置

サーボ・油圧ハイブリッド加圧

サーボモーターによる高速・高精度位置決めと、最終加圧を油圧による高出力加圧によって、REC製法の特徴を最大限に引き出します。

ハイサイクル

上型を横移動して鋳造品取り出し、および注湯、離型剤塗布を同時に行い、ハイサイクルを実現します。

ITシステム化

IT化によって成形条件を自動出力し、安定した品質の高い製造が出来ます。

環境配慮

・溶湯温度が低く省エネ型です。
・サーボモーター・油圧ハイブリッドは、必要な時だけエネルギーを使用するため省エネです。

500TON RECアルミ鋳造装置

装置図面

siyou40

製品に関するお問い合せ・ご相談

問い合わせ

担当者名 (必須)

連絡先メールアドレス (必須)

会社名

電話番号

メッセージ本文

Home > RECアルミ鋳造-製品案内

メニュー
新着情報
  • 2017年3月
  • 2016年9月
  • 2009年6月
  • Return to page top