会社概要

  • TOP
  • 会社概要

KIMURAグループの企業情報・経営情報

環境機械や産業機械を設計から製造まで一貫して手がける「KIMURAグループ」について企業情報、経営情報をご紹介します。こちらでは会社概要をご紹介します。

グループ概要

当グループは現在、国内拠点である「株式会社キムラ」「株式会社木村工業」と、海外拠点である「江藤木村(上海)貿易有限公司」で構成されています。

株式会社キムラ
中国地方整備局登録 国土交通大臣許可 第25455号
本社所在地 〒737-0134広島県呉市広多賀谷3-4-9
資本金 2,000万円
会社設立 昭和63 年(1988)12月20日
取引銀行
  • 呉信用金庫
  • もみじ銀行
従業員数 33名 平成31年(2019年)3月現在
所在地・連絡先 営業本部 〒737-0134 広島県呉市広多賀谷3-4-9
TEL. 0823-74-3009 FAX. 0823-74-6522
設計本部 〒737-0134 広島県呉市広多賀谷3-4-9
TEL. 0823-74-5115 FAX. 0823-71-5252
伊豆営業所 〒410-2407 静岡県伊豆市柏久保627-3
TEL. 0558-72-4498 FAX. 0558-72-4525
静岡営業所 〒426-0042 静岡県藤枝市兵太夫978-2
TEL. 054-636-1007 FAX. 054-636-1008
高崎営業所 〒370-2123 群馬県高崎市吉井町神保1129-3
TEL. 027-320-3320 FAX. 027-320-3321
株式会社木村工業

株式会社木村工業
認証範囲:虹村(本社)・音戸・東広島工場

広島県登録 広島県知事許可第28023号
本社所在地 〒737-0134広島県呉市広多賀谷3-4-9
資本金 1,000万円
会社創業 昭和43年(1968)1月11日

※設立 昭和48 年(1973)11月29 日

取引銀行
  • 呉信用金庫
  • もみじ銀行
従業員数 54名 平成31年(2019年)3月現在
所在地・連絡先 虹村工場 〒737-0134 広島県呉市広多賀谷3-4-9
TEL. 0823-73-1333 FAX. 0823-74-6522
音戸工場 〒737-1206 広島県呉市音戸町高須3-13-7
TEL. 0823-74-3009 FAX. 0823-74-3255
東広島工場 〒739-2101 広島県東広島市高屋町造賀10023-1
TEL. 082-430-2037 FAX. 082-436-0543
海外グループ会社 江藤木村(上海)貿易有限公司
本社所在地・連絡先 上海市長寧区仙露路369号2号楼1906室
TEL. 021-6042-8181 FAX. 021- 5186-1383

グループ沿革

昭和43年(1968) 広島県呉市音戸町に木村 剛が木村鉄工所を創立する。製鉄・造船業界の部品加工とアセンブリを手がける。
昭和48年(1973) 資本金100万円で有限会社木村工業として法人化する。
昭和53年(1978) 油圧装置メーカーとして長年のキャリアを有していた株式会社山口鉄工所の解散に伴いその技術を全て継承する。この年、油圧装置メーカーとしての1号機であるアングルベンダ(KAB-250型)を完成させ販売する。
昭和54年(1979) 油圧装置メーカーとしての技術力の強化と品質の追求するため組立工場(現在の音戸第二工場500m2)を新設する。
昭和56年(1981) 資本金1,000万円に増資する。
昭和58年(1983) 油圧装置の多様化や大型化により呉市阿賀南に組立工場(広工場1,650m2)を新設する。
昭和63年(1988) 音戸工場の老朽化に伴い工場を建て替える。同時に、販売とエンジニアリング部門を分社化し資本金1,000万円で株式会社キムラを設立する。
平成元年(1989) 音戸工場の建て替えに合わせ大型精密縦中グリ盤 高速5面加工機(新日本工機 RB-4N型)を導入する。この年、リサイクル環境機器である空缶プレス機(KCP-400型)1号機を完成させ販売する。
平成3年(1991) 事業の多面化に伴い、呉市広多賀谷に虹村工場(3,300m2)を取得し、キムラグループの主力工場として全国的なニーズに応える体制を整える。
平成7年(1995) 東京都港区赤坂に株式会社キムラ東京出張所を開設し、関東方面へのエリア拡大を図る。
平成8年(1996) 有限会社木村工業が広島県知事許可(機械器具設置工事業)を取得する。
平成10年(1998)
  • 創業者の長男である木村秀樹が株式会社キムラの取締役に就任する。
  • 株式会社キムラが広島県知事許可(機械器具設置工事業、清掃施設工事業、タイル・レンガ・ブロック工事業、その他11業種)を取得し、全国地方自治体の清掃施設を中心とした元請工事をスタートさせる。
  • 空缶プレス機の総販売台数100台突破する。
平成11年(1999)
  • 静岡県藤枝市に株式会社 キムラ静岡営業所を開設する。
平成12年(2000)
  • 静岡県伊豆市に株式会社 キムラ伊豆営業所を開設し、東京出長所を移転させ関東・東海エリア全域をカバーさせる。
平成14年(2002) 株式会社キムラが資本金2,000万円に増資する。
平成16年(2004)
  • 木村秀樹が有限会社木村工業の代表取締役社長に就任する。
  • 創業者である木村剛が取締役会長に就任する。
平成17年(2005)
  • 音戸工場へ2台目となる大型精密縦中グリ盤 高速5面加工機(新日本工機 RB-310M型)の導入により大型で精度の高い機械加工が可能となる。
  • 設計本部へ三次元CAD(CATIA V5)を2台導入する。
平成18年(2006)
  • 新会社法の施工に伴い有限会社木村工業を株式会社木村工業へと商号変更し、本社登記も広島県呉市音戸町から広島県呉市多賀谷に変更する。
  • 株式会社キムラ本社登記も同様、広島県呉市音戸町から広島県呉市多賀谷に変更する。
  • 新事業への参入から広島県東広島市高屋町に東広島工場(8,000m2)を取得し、世界初となるアルミ鋳造技術(REC製法)の発明から、アルミ鋳造装置(KIMURA REC HV-350型)1号機を設置する。
  • 世界初となるアルミ鋳造技術(REC製法)システムの開発が「アクティブベースくれ」の地域活性化支援制度の助成先に採択される。
平成19年(2007)
  • 木村秀樹が株式会社キムラの代表取締役社長に就任する。
  • 木村剛が取締役会長に就任する。
  • 経済産業省 中国経済産業局より世界初となるアルミ鋳造技術(REC製法)システムの開発が「ものづくり基盤技術の高度化に関する法律第4条第1項」の規定に基づき認定(中国0704006)され、平成19年度戦略的基盤技術高度化支援事業の委託候補先として採択される。
  • 多間接型三次元測定機(FARO)を導入する。
平成20年(2008)
  • 福岡県宮若市に株式会社キムラ九州営業所を開設する。
  • 音戸工場にワイヤー放電加工機(三菱電機 RA-24)を導入する。
平成21年(2009)
  • 東広島工場にアルミ鋳造装置(KIMURA REC HV-500型)2号機、3号機を設置稼動する。
  • 世界初となるアルミ鋳造技術(REC製法)システムの開発により平成20年度「財団法人やまぎん地域企業助成基金」の助成企業として採択される。
  • 株式会社木村工業 本社・虹村工場、音戸工場、東広島工場が ISO9001:2000を認証取得する。
平成23年(2011) アルミ鋳造技術(REC製法)が経済産業省「製造産業局長賞」を受賞する。
平成24年(2012) 木村工業が九州地域を中心に世界で活躍している江藤酸素と合併で中国上海に進出し、お互いのノウハウを活かした中国地域での販売をスタートさせる。
平成25年(2013) 東日本大震災復興事業の一つである宮城県南三陸町周辺地区の瓦礫処理を行うため、災害廃棄物処理施設にキムラ製重機選別装置を導入し、東北地域の復興に力を貸す。
平成28年(2016)
  • RECアルミ鋳造装置1,000t型の開発に成功し、同時に1号機を販売する。
  • アルミ鋳造技術(REC製法)が日本鋳造学会「平成28年度Castings of the Year賞」を受賞する。
平成29年(2017) 東日本大震災復興事業の一つである福島第1原発周辺地区の除染に関わる中間貯蔵施設内での汚染土壌処理設備を導入し、東北地域に貢献する。
平成30年(2018) 木村工業が創業50周年を迎え、同時にキムラも設立30周年を迎える。
また、自動車生産設備事業の拡大に伴い、東広島工場第3工場を竣工する。

主要取引先

企業名
(順不同・敬称略)
  • 東プレ株式会社
  • 東プレ九州株式会社
  • 東プレ東海株式会社
  • 日鉄日新工機株式会社
  • アイシンAW株式会社
  • 江藤酸素株式会社
  • 株式会社北川鉄工所
  • 株式会社トーキン
  • アネスト岩田株式会社
  • 株式会社IHI検査計測
  • 伊藤忠マシンテクノス株式会社
  • テスコ株式会社
  • 荒川産業株式会社
  • 有限会社エヌエステクノ
  • 株式会社ウォーターエージェンシー
  • 全国地方自治体

ほか